読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sl-h

高度に発展した、キータイプ矯正を目的とするアニメーションプログラムであるslというものがあります.
作ったのは東大の豊田先生です.
どのようなものかというと,lsと打つべきところを間違えてslと打った場合にSLがスクリーンを走るアニメーションを表示して心を落ち着かせてくれるものです.

このプログラムがgentooではubuntuのものと比べより楽しませてくれるものになっていると思ったらubuntuにも同じプログラムがありました.
sl-hです.

man sl-h

をしてみると,

名称
sl-h - SLがスクリーンを走るのが好きな人たちを、より楽ませるアニメーションを表示します。

形式
sl-h [ -alFe ]

解説
sl-h SLがスクリーンを走るのが好きな人たちを、より楽ませるアニメーションを表示します。
sl コマンドから少し変更しており、大変長く表示されます。

次のようなオプションがあります。

-a なにかアクシデントがあったようですね。助けを求める人々が悲痛です。

-l 小さくなります。

-F 飛びます。("銀河鉄道999"という日本のアニメーションを知ってますか?)

-e Ctrl+C で途中で止めることを許します。(とても重くて猛烈である時に、デフォルトとしてください)


踏切が開いたと思った瞬間閉じて逆からSLが走ってくるのには絶望させられます.